肩の症状

【施術事例】リハビリでも良くならず困っています…(腱板損傷)

腱板損傷(野球肩)

肩のインナーマッスルである腱板筋群のスジが切れてしまうという状態です。実際は四十肩・五十肩と思いきや、腱板断裂だった…という人が非常に多いのも事実です。

もう一つの原因はオーバーユースです。例えば、野球選手のピッチャーです。繰り返す投球動作の結果、腱板損傷を起こしてしまうことは多く事例があります。

腱板のすべてが断裂することは少ないので、残っている腱板の機能を賦活させる腱板機能訓練は有効です。肩関節痛と運動障害が治らないときは、手術を行なう場合があります。

その症状よくなるかもしれません。諦めている方は、ぜひ当院にご相談いただければと思います。

お悩み、痛みの原因を突き止める

【ヒアリング】


慢性化した肩の痛みでご来院いただきました。野球をしているとのことで、ヒアリング用紙の内容をもとに、さらに詳しく聞いていきます。


肘の痛みもあることが分かり、更に詳しく聞いていきます。
※同時に数か所の施術も可能ですので予約時にてご相談下さい!

【動作確認】動作をみながら症状の程度や原因を確認します


無理のない程度に動作確認を行います。現状の痛みを確認いたします。


ゆっくりと動かし、話しかけながら症状を詳しく聞いていきます。


神経は全身に繋がっています。必ずしも痛みの原因が、痛い箇所とは限りません。


立ち上がった状態で動作確認を行っていきます。座った時とはまた違った症状が出るなど、細かく、診ていきます。


ボールを投げる時に痛むという事でしたので、実際のフォームをゆっくりして頂き、動作確認を行っていきます。


実際にボールを使って詳細に症状を確認をします。


他の神経にも原因がないかどうか、動作確認をしていき、次の施術や今後の施術の資料として活用していきます。

無痛で行う施術、術後すぐに効果の実感

ヒアリング・動作確認で得た情報を元に、施術を行っていきます。小波津式の施術”NAOSU”では、痛みの原因と元へ外部からアプローチしていきます。

【施術】


無痛で行う施術なので、酷い痛みが伴う場合でも安心して受けて頂けます。声を掛けられる場合は状態を聞きながら施術することもございます。


小波津式の施術は、神経伝達を正常に回復させることで、筋肉の動きを正常な状態に戻していきます。




1部位あたり、およそ15分~20分の施術時間です。当院は、マッサージ店のような”気持ちいい”施術ではありません。一時的な満足度ではなく、

✔  長く痛みに苦しんでいる
✔  いろいろ試したが効果が無い
✔  手術せずに改善したい
✔  他院では手に負えないと言われている
✔  すぐに施術の効果を得たい
✔  治らないと諦めている
✔  早くケガから復帰したい
✔  パフォーマンスを向上させたい

このような方々のお力になれればと考えています。

【施術後の動作確認】


施術後の動作確認を行いました。


動作確認を行いました。フォームを見ながらご説明もさせて頂きます。



投球フォームの動作確認を行います。痛みも取れて気持ち良く腕が振れる喜んでいただきました。


フォームの確認を行うことで、次の施術や今後の施術の資料として活用していきます。

※効果・効能は全ての人に保証されるものではありません。症状や、部位によって個人差があります。